link    write  admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

怪我したときの我が家のマルチxxx(ほにゃらら)


…………

昨夜寝入りばなにケガをしました
まぶたの上をがっ!とにゃんの爪がっ
まあ目玉が傷つかなくて何よりです

にゃんこと寝床争いをしてあっちいってといつもの場所に押しやったら、やけに抵抗するもんでナニクソっ(失礼!)とむぎゅっとしたら、いやーんっ!(といったかどうかは不明)となんと顔の上を渡っていきやがりました…うおぉぉぉー痛いっーーー

猫の爪は身を守るための武器よ。。。
むやみに切ってはいざというとき(猫同士のケンカとかね)に役に立たず防御できなくなるでしょ。。。
それを切るのは人の都合よね。。。

と大恩師であるCat LadyのJullyに言われて以来、なんとなーくそうだなーとけっこうそのままにしているわたくしです
が、もちろん家主様には通じませんので時々は爪切りしております
といっても家主様の堪忍袋の緒がおキレになってからか、布類に引っかけて逆ににゃんこがケガをしそうな時ぐらいですが、、、

ま、そんなわけでガッとまぶたみたいなやらかいとこに爪が入るとさすがに皮膚がね、、、で、最初の「うおぉぉぉー痛いっーーー」なのです

猫を飼っていれば引っ掛かれたり噛み噛みされたりって日常茶飯事!だと思いますか?まあ半分はそうですし、半分はどうでしょう?

というのも、わたくしこれまでいろいろ経験していますが、手にも腕にもついでに足にもほとんど犬猫に殺傷された傷はほとんどありません。痕が残っていないのではなくほとんどないんです。けっこう自慢だったりします
そんなことが?と思うかもしれませんけど、これだけ(ってまあ知らないとは思いますが(笑))仕事やボランティアで犬猫の世話をしていてほぼ無傷ってけっこう貴重なんですよ、って思ってるのは私だけかもしれませんが、あははー

なので、今回のまぶたのケガは久々の重傷(大笑)


そして、こんな時に本当に役に立つ我が家のマルチxxx(ほにゃらら)


それはホメオパシーレメディのクリームです

うちでは怪我したらとにかくこれをぬりぬり
しばらくすると痛みがスーッと引き、傷の治りも早いです


本当です



その辺の消毒薬なんて足元にも及びません


本当です


ちなみに我が家で愛用しているのはコチラ

英国Ainsworth社製 
Hypericum and Calendula Cream



Ointment・軟膏もありますが、クリームタイプが柔らかくて好みです
サイズもいくつかありますのでまずはスモールサイズで試してみては!

このクリーム、おススメするのはそれなりの理由もあります

例えば、

☆ 2年前に我が家のにゃんずが原因不明の症状に侵された時もこのクリームが
  大活躍しました
  ※四肢のいたる所から出血、皮膚の剥離などなど、そりゃすごかったですよ…
☆ 家主様はよくにゃんずに引っ掛かれるのですが(笑)このクリームですぐに痛みを
  忘れます、恨みは忘れませんが…
  ※記憶を失くすような作用はありません
☆ 糖尿病や前立腺疾患の影響かキズの炎症が治まらずツラい思いをしていた方も
  このクリームだけが効くといまだにご要望頂きます

などなど

とまあ、その効用についはさまざま実証済みな訳です


騙されたと思って使ってみて下さいませ、ふっふっふっ

あ、ただの(?)クリームで添加物もフリーです(当然ですが)安心してお使いいただけますが、実際に使うときは自己責任でお願いしますね~



お、今日は自然療法家らしいBlogになったゾ!(嬉)


ちなみに冒頭のにゃんこがいつもの寝床へ行くのを頑なに拒否したのは、単に「そこにゲロしちゃったのにゃ~っ」ってたからでしたにゃ~…




スポンサーサイト
00:53 | 自然療法 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ノミ・ダニのナチュラルケア

昨日、ブログでノミ・ダニのケアにガーリックオイルを使ってますと書いたところ、複数の方からニンニクってどうなの?どれぐらいあげていいの?などなどご質問を頂きました。食いつきがいいのは皆さん、意外と悩んでいらっしゃる方が多いってこと?
いずれにしろ、これは、きちんとお話ししておくべきだと思いましたので、今日はノミ・ダニのナチュラルケアの一つ、ガーリックオイルについてお話ししたいと思います♪

まず、最初にお断りしておきますが、ナチュラルケアは医学ではありませんので、確実に効果がある、絶対に治るといったお約束はできません。経験上、効果が認められるものとして、注意点なども踏まえて、ご紹介しますので、取り入れる場合は、ご自分の責任の範囲において行なって下さいね

ニンニクを犬猫にあげて大丈夫?

皆さん、一番気になるところだと思います。
私も以前は完全NGだと思っていました。
ニンニクは、ユリ科の植物で、ここにはネギ類も多く含まれています。ネギ類は血液毒の硫化アリルプロピル(allyl propyl disulfide)という成分を持っています。人はその化合物を分解できるのですが、犬や猫は分解できないのです。ニンニクにもこの成分があります。
では、一体どれぐらいの量で症状が出るのかというと、夕マネギ煮汁を生タマネギ換算で30g/kg 1日1回連続3日間投与すると、初回投与後2, 3日で貧血の症状が出たという試験管実験の論文があるそうです。つまり、10kgの犬に生タマネギを1日1回300g×3日間食べさせることとほぼ同意です。体重50kg前後の私でもとても食べ切れません…
ですので、過剰に与えなければそれほど問題になることはないでしょう。
ニンニクでも同様の事が言えます。
とは言っても、個体差というものはありますし、絶対に安全とは言い切れませんので、不安であれば、与えないという選択肢も考えて下さいね!

注意点は、

1. 成長期の動物では造血系が未発達なので与えないようにしましょう
2. 猫では犬ほど耐性があるわけではないので、ニンニクは生ではなくオイル漬けなどを利用しましょう…なのでガーリックオイルです!

次に、ガーリックオイルの作り方

実は、この作り方、決まった量などは何処にも載っていません…
なので、我が家流の作り方を載せておきます。ガーリックオイルが出来れば良いので、それほど厳密でなくて大丈夫です。
入れ物はオイルの空きビンなどを再利用すると良いでしょう。
150~200mlぐらいのオリーブオイルに、ニンニクを一カケラ漬け込むだけです。

注意点は、
1. ニンニクの中のある緑の芽は必ず取り除きましょう
2. ニンニクはスライスして漬け込みましょう

漬け込む時間などは特になく、丸1日ほど漬けたら使い始めてOKです。
ニンニクを引き上げる必要もなく、そのままで使えます。安定性のあるオリーブオイルを使っていますが、できれば3~4週間ぐらいで使い切りましょうね。
人ももちろん普通に使えます。お料理にも使えますし、サラダにかけても良いですよ。ニオイはほとんど分かりません。
※ガーリックオイル自体は、さすがにニンニク臭いのですが…

どれぐらいの量を与えるの?

動物のナチュラルケアで有名なピトケアン博士の著書『DR. PITCAIRN'S COMPLETE GUIDE TO NATURAL HEALTH FOR DOGS & CAT』の中では良質の酵母と共にニンニクを利用したノミケアについて記述があります。それによると、十分な量をご飯毎に与えるとありますが、動物のサイズによって小さじ1~大さじ2と幅広くニンニクの量は実際どれぐらいかよく分かりません。また、ニンニク+オイルを突然大量に与えると下痢などの症状を起こすこともあります。なので、最初は少量から試しましょうね。

我が家のにゃんずは平均体重5kg前後です。
そしてご飯毎に与えるガーリックオイルの量は、ほんの2~3滴程度です。
量的にはもっと与えても大丈夫だと思いますが、やはりニンニクのニオイがキツイので入れすぎると食べてくれません。でも、比較的ガーリックオイル入りのご飯でも喰いつきはいつもと変わりません。
ぜひ、その子にとっての適量を見極めて下さいね!

garick oil
↑ビンの底の方に白っぽいニンニクが分かるでしょうか?



ガーリックオイルの効きについて

そもそも、健康で免疫力の高い個体にはノミダニはほとんどつきません。ということを覚えてくださいね!
実は、このニンニクの効用というのは栄養学的・科学的に証明されたものではありません。あくまで、ナチュラルケアの範囲で用いたら、驚くほど効果があったという経験値です。
科学的根拠はないのですが、寄せ付けなくなります。もしノミに寄生されていたら、この方法でかなりの量のノミを退治できるはずです。
逆に、もしもあまり症状が改善されない場合は、他の病気の罹患について考えた方が良いかもしれません。

ガーリックオイルは、ノミ・ダニに対するナチュラルケアの一つに過ぎません。これ以外にも様々なナチュラルケアがありますので、よろしければ以下の本も参考にしてみて下さいね!

改訂版『目からウロコのアレルギー本』 本村伸子獣医師著

ではでは。





01:02 | 自然療法 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

気がつけば・・・

★9月15日(土)
 犬と猫のためのナチュラルケア フードシリーズ第1回目
★9月17日(月)
 猫のフードと手作りご飯講座 (ペットシッターQueueくう主催)
★9月19日(水)
 愛犬の食事について考える講座 (ドッグヨーガイントラ生向け講義)


各講座、セミナーに足を運んで下さった愛犬家・愛猫家の皆様、
本当に有難うございました!
「楽しかったです!」、「また参加します!」、「こんな講義は他では聴けない!」などなど・・・まあ、皆さま、人を持ち上げるのがお上手です♪
私もいろいろ勉強になりました!
まだまだお伝えしたいことはたくさんありますので、興味のある方はぜひ一度参加してみて下さいね!

本当なら、すぐにでもUPしてお礼やら感想やら言うべき所でしたが、
ご存知の通り、ハイテク?オンチな私にはけっこう楽ではないことでして・・・
はい、言い訳ですね、、、

いや、でもタイムリーにいろいろUPできる人ってうらやましいです!
今度コツを教えて下さい ←誰に言ってる?


*******

さて、怒涛の1週間が終わりました!
気がつけば2日おきにセミナーやら講義やらが入っていて、ふたを開けたら
ニーズに沿ってテキストの組み直しなどなど毎日が慌しく過ぎて行き。

終わってみたら、部屋がすごい事になっていたっ!!

それもかなり深刻な状態に・・・って感じているのは家主様だけで、私自身は蚊に刺されようがダニに喰われようがあんまり気にならないっていうとエライ怒られますが・・・

ええ、もう発生しちゃいました
ダニです。ダニ。

連日の蒸し暑さはダニの温床を運んできたのです・・・うひぃ~

なので、明けて本日20日はダニ駆除&大掃除の日に急遽変更!

お布団干して、洗濯ガンガン、クローゼット・タンスの中は新しい虫コナーズにお取替え
もちろんにゃんこの寝床もコロコロで毛玉取り、お天道様にしっかり干しました

極めつけはガーリックオイル

以前から犬猫のノミダニ対策はこれ一本!

ガーリックを1カケラ適当な大きさに切ってビンに入れ、オリーブオイルに浸すだけ。
ちょ~簡単自然療法のノミダニバイバイです!
これ猫にはとっても良く効きます!我が家と猫仲間の友人宅で証明済!
あ、食事に混ぜてあげるのです!!
人に効くかどうかは分かりませんが、今日からしばらくは人間も頂くことにしました。

身体にも良いので一石三鳥ぐらい!

というのも、60度を超えない程度でこのガーリック漬けのオイルをしば~らく温めるとガーリックからアホエンという成分が出て抗酸化作用があるほか心臓病や脳梗塞の危険性を減らすとされています。だから、人間のノミダニ退治に効かなくても、それ以外の作用がすばらしぃ~のでやっぱり頂くに越したことはないのです!

臭くならないの?って聞かれますが、実は常用してても気付かれたことありませんのでよほど大量に頂かなければ大丈夫!なはずです。

因みにフロントxxxとかノミよけ首輪とか我が家じゃありえませーん


19:01 | 自然療法 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。