link    write  admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

ホメオパシーとは

ここでは、ホメオパシーとは何かという説明を
簡潔にまとめておきたいと思います。
いつかHPを立ち上げるまで♪♪♪



ホメオパシー療法とは
ホメオパシー療法は、18世紀にドイツ人医師サミュエル・ハーネマンが発見し確立した自然療法です。
英語で書くとHomeopathyやHomoeopathyとなります。
ギリシャ語でhomoios=同じ・似ている、pathos=苦しみ、という二つの言葉が語源です。
一般には同種療法や類似療法などと呼ばれています。
その理由は、「似たものが似たものを癒す」という「類似の法則」が基本原理の一つとしてあるからです。



類似の法則
ホメオパシーの基本原理の一つである「類似の法則」とはどういったものでしょうか?
それは、健康な人に投与したときに病気の症状を引き起こすものが、同じ症状の病気や、似たような症状を癒すことができる、という意味です。
ハーネマンの時代はマラリアが流行した時代でした。ある植物薬学の本を翻訳していた彼はキニーネ(キナ)の苦味成分がマラリアに効くという記述を見つけます。しかし彼は同時に苦味成分がマラリアに効くのであれば他にも苦味成分を持った植物は多くあるのになぜキニーネなのだろうと疑問を持つのです。そして、彼は自身でキニーネを飲みます。すると、発熱や悪寒、震えなどまさにマラリアに似た症状が繰返しあらわれました。こうしてハーネマンは似た症状を起こすものが、その症状を癒すことができるという類似の法則を確立したのです。



レメディ
Remedy.jpg

ホメオパシー療法ではその人に合ったレメディを選びます。
現代医学でいうところの「おくすり」のような役割をするものですが、薬効成分などは一切含んでいません。
レメディの原材料は主に自然物質(動物、植物、鉱物など)で、希釈振とう(薄め、強く振る)というプロセスを繰り返して作られます。基本的には原材料の分子が存在しなくなるまで薄められますので、原材料の物質的影響(毒性、刺激性など)はまったくなくなっています。



ホリスティック
自然療法を実践している人なら誰でも一度はホリスティックという言葉を聞いたことがあると思います。
ホリスティックとは「全体論の」という意味です。
個々の症状や特定の病理だけを見るのではなく全体(Whole)を包括して考えるということです。
ホメオパシー療法はこのホリスティックな視点なしでは語ることのできない療法です。その人全体(心・からだ・精神)をまるごとみます。人は個々に異なった環境、食性、価値観の中で生活していますのでこの世の中で全く同じ人は存在しません。例えば、頭痛一つとってみても痛み方、感じ方、付随する症状など人によって全て異なります。ホリスティックな視点からその人を癒すことで全体のバランスが良くなり、健康レベルが上がるきっかけにも繋がります。




続く



15:18 | ホメオパシー | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
テンプレートを変更してみました | top | ホメオパシーとは Part2

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://naturasanat.blog.fc2.com/tb.php/9-5940eb51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。